レーシック、PRK、フェイキックIOLなど最先端の近眼手術で近視を治す

スポンサードリンク

レーシック手術のリスクは?

レーシックは失敗の無い近眼手術といわれ、近視を治す方法としてメガネ・コンタクトレンズ続く地位を確立しつつあります。

しかし、一般の手術同様、やさしい近眼手術といわれているレーシックでも人が行う手術である以上100%安心というわけではありません。


また、全ての人がレーシック手術を受けられるわけでもないのです。

角膜が極度に薄い、近視・乱視が極度に強いまたは、緑内障や白内障など目の疾患がある、妊娠中であるなどの場合はレーシック手術をうけることができないのです。


その他、レーシック手術で考えられるデメリットしては手術後の運転や運動が一定期間制限されるということがありますが、この点はどんな手術でもある程度の安静は必要でしょう。


心配なリスクは、目のぼやけ、ドライアイ、感染症、異物感、光の眩しさ、結膜下出血、炎症など、わずかながら副作用や合併症を発症する可能性があるということです。

しかし、目のぼやけや光に対する眩しさ、視力の安定、結膜下出血、異物感などはいずれ改善または自然治癒するもののようでし、ドライアイや感染症、炎症などは点眼薬や内服薬の処方によって治療することができるようです。


このようにレーシック手術は全般的な眼の知識をもつ眼科専門医による手術前の充分な適正検査や術後の的確なアフターフォローさえあれば安心して受けられる近眼手術といえそうです。


手術前の検査、リスクの説明、アフターケアがレーシック眼科選びのポイント!


つまり、担当医が近眼手術の経験が豊富な眼科専門医であることはもちろんですが、


手術前の充分な検査に基づき


視力回復の度合いやレーシックのリスク、対処方法などについて丁寧に説明してくれるか


定期健診や再手術の保証といったアフターケアーは万全か


といったことがレーシック手術をうけるクリニックや医師を選ぶ際のポイントといっていいでしょう。

そして、なるべく多くのクリニックに足を運び、比較したうえで検討することをおすすめします。

近眼手術レーシックのことなら、まずは評判のクリニックに資料請求してみよう!


21万以上の症例数!実績と低料金なら ⇒⇒⇒品川近視クリニック

16年の信用と丁寧なカウンセリングが人気! ⇒⇒⇒錦糸眼科

様々な視力回復手術に対応!老眼治療が注目! ⇒⇒⇒神奈川クリニック眼科