レーシック、PRK、フェイキックIOLなど最先端の近眼手術で近視を治す

スポンサードリンク

近眼手術の必要な人とは

近眼手術が必要な人の眼の構造はどのようになっているのでしょうか?

近眼には眼の奥行きが長すぎるために起こる軸性近視と角膜、水晶体の屈折力が強すぎる屈折性近視の2種類があります。


そもそも物が見えるということは、入ってくる光をレンズの役割をする角膜と水晶体で屈折させ、網膜に写った像を脳が認識するというメカニズムによるものであり、ピントは水晶の厚さを薄くしたり、厚くしたりして調整しています。

屈折性近視の場合は、屈折力が強すぎるため水晶体を薄くしても網膜の手前でピントが合ってしまうため、網膜に映る映像がぼやけてしまいます。


軸性近視の場合は、目の奥行きが長すぎるために水晶体を薄くしても網膜の手前でピントが合ってしまいます。そして近眼手術を受ける人の多くがこの軸性近視だといわれいます。

近眼の人の大部分を占める軸性近視の原因については、都会と田舎住まいの人の近眼の比率が比較されたり、近眼の親子の因果関係が議論されるなど遺伝や環境が指摘されていますが、はっきりとしたことは分かっていません。


一方、近眼の初期段階と間違われる仮性近視は近くの物を見すぎることによって、水晶体の厚さを調整する毛様体が緊張してピントが元に戻らず、遠くが見えにくくなる状態です。

仮性近視は、薬を点眼することによって過剰な調整を修正すれば視力が戻る場合が多く、問題の危険性がある近眼手術の対象外と考えたほうがいいでしょう。

いずれにしても近眼手術を検討している場合は、目の精密検査と経験豊富な眼科専門医によるレクチャーをうけ、自身の自身の目の眼の状態について正確に把握し、納得の上で手術をうけることが大切です。

近眼手術の種類

近眼手術の方法には、メスによる手術、レーザーを用いた手術、人工レンズやリングを目に挿入する手術などがあります。

現在のようにレーザーを用いた手術が一般的になる以前は、RKと呼ばれるメスによる近視手術が主流でした。RK(放射状角膜切開手術)は、ダイヤモンドナイフというメスで角膜に放射線状の切れ込みを入れて角膜中央部にわずかな窪みをつくり、目の奥行きを短くすることによって網膜の位置でピントを合わせるようにする近視矯正手術です。

RKは、視力を得るため最重要部位である角膜中央部にメスを入れなくてよく、視力の回復も早いなどのメリットがありますが、手作業でおこなわれる近眼手術のため眼科医の経験や技量によって結果が左右されるという点に安全、精度に対する不安がありました。


このようなRKの不安要素を改善し注目されたのがエキシマレーザーという特殊レーザーを用いたPRKというレーザー手術です。PRKはコンピュータ制御されたエキシマレーザーを角膜に直接照射して角膜を削り、近視を矯正する手術です。コンピュータとレーザーを用いるPRKが登場したことで、眼科医の技量に大きく左右されない、正確な治療がうけられるようになったのです。

しかし、角膜上皮を削るPRKには、上皮が再生するまで視力回復まで時間がかかる、術後の痛みが数日続くといた問題点もありました。


そこで、PRKの問題点を解決するべく登場したのが現在最も普及しているレーシックです。レーシックは角膜表面にマイクロケラトームという器械で切れ目を入れめくり、中の角膜実質だけにエキシマレーザーを照射して削り、視力を回復させる近眼手術です。角膜表面に切れ目を入れ作成したふた(フラップ)は角膜実質を削った後にフラップを閉じて終了となります。

このように上皮を削ることがないため、視力回復が早く、痛みも少ないといった、PRKの問題点を改善し進歩した近眼手術がレーシックであり、これがレーシック最も普及している大きな理由です。

(レーシックの角膜フラップが角膜上皮のほかに角膜の実質も一部含んでいるのに対し、アルコールを使って角膜上皮だけをめくり、エキシマレーザーを照射するラセックという近視手術もありますが、アルコールの目への影響や痛みも指摘されレーシックほど普及していません)


また人工レンズやリングを目に中に入れて視力を矯正する方法として、ICRSコルネアル・インレイフェイキックIOLなどの治療法があります。


ICRSは2本のプレスチックリングを角膜実質内に埋め込む近眼手術で、最重要部位である角膜中央部を傷つけないため優れた視力回復力が期待できる近眼手術です。

コルネアル・インレイは極薄レンズを角膜に埋め込む近眼手術で、視力に応じてレンズを変えられるメリットがあります。

フェイキックIOLは、水晶体眼内レンズを挿入する手術で、強度の近視と乱視がある場合でも適応できる注目の治療法です。

ICRS、コルネアル・インレイ、フェイキックIOLなどの人工レンズやリングを目に中に入れて視力を矯正する近眼手術は大変質の良い視力が得られると評価が高く、特に高度近視にも有効なフェイキックIOLは今後の普及が期待される治療法です。


このように近眼手術には様々な方法がありますが、それぞれメリット、デメリットがあり矯正度数の範囲や視力回復のスピード、痛み、術後の経過、合併症の危険性なども異なりますので、事前に眼科専門医を訪ね、目の状態と視力回復の可能性を正確に把握することが大切です

近眼手術レーシックのことなら、まずは評判のクリニックに資料請求してみよう!


21万以上の症例数!実績と低料金なら ⇒⇒⇒品川近視クリニック

16年の信用と丁寧なカウンセリングが人気! ⇒⇒⇒錦糸眼科

様々な視力回復手術に対応!老眼治療が注目! ⇒⇒⇒神奈川クリニック眼科